まかせて安心!技術と信頼の地元補聴器専門店

八千代台補聴器センター
京成八千代台駅西口徒歩4分 047-480-7833
地図はこちら 
八千代台補聴器センター
  • HOME
  • 店舗紹介
  • 当店のこだわり
  • オススメ補聴器
  • 個人情報保護
  • 購入までの流れ
  • お問い合わせ
Now Loading...
各社注目商品など
  • お耳お元気ですか
  • 聞こえチェック!簡単な質問に答えてあなたの聞こえをチェックします。
  • 失敗しない補聴器の選び方
  • 上手な補聴器との付き合い方
  • 長持ちの秘訣・アフターケア
  • よくあるご質問
  • にっこりカルチャー教室
  • 補聴器メーカー
  • 専門スタッフが親身になってご相談承ります!!

お問い合わせ・資料請求

お電話によるお問い合わせ・047-480-7833 受付時間平日AM9:30〜PM4:00 定休日(日曜日・祝日)八千代台補聴器センター
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

安心のアフターサービス


すいません、補聴器が欲しいのですが...。

いらっしゃいませ こちらに記入お願いします。

まずは聴力測定をします。

聴力は人それぞれちがいますので難聴の度合いは変わります。

そして補聴器の種類は3タイプありますのでお値段も3万円〜あります。うーん迷っちゃいますね...。

...。ではオーダーメイドの補聴器にしたいです。それでは耳型をとりましょう。

そして一週間後、左右ピッタリの補聴器ができました。わ〜よく聞こえる!

その後のアフターケアは万全です。ご安心ください。あぁよかったこのお店で。

 

お耳お元気ですか

じぶんの『聞こえ』を知ることから、快適な補聴器ライフは始まります。

年齢とともに、人の体にはいろいろな変化があらわれてきます。

聞こえも、そのひとつ。聞く力=聴力は、すこしずつ低下していくので、その衰えに自分ではなかなか気づかないものなのです。

まず、「 聞こえチェック 」をしてみましょう。

難聴の種類

難聴のタイプは、3つの種類に分けられます。耳のどの部分に障害があるかで、伝音、感音、混合性難聴に分類されます。


難聴の種類

伝音難聴
中耳炎や鼓膜の損傷・病気等により、外耳か中耳のどこか、音を伝達する部分になんらかの障害があるために起こる難聴です。


感音難聴
内耳以降の感音器、つまり音を感じる部分になんらかの障害があるために起こる難聴です。この難聴の代表が、加齢とともに聞こえにくくなる聴覚障害です。薬物や長時間、、騒音下にいることが原因で起こる聴覚障害もこれにあたります。単に聞こえにくいだけでなく、音がひずんで聞こえるなど、言葉の聞き取り能力が低下することがあります。


混合性難聴
伝音難聴と感音難聴の両方が同時に起こるタイプの難聴です。

適応マークの表示 軽度難聴を中心に、中等度難聴まで適応
中等度難聴を中心に、軽度難聴まで適応
中等度難聴を中心に、高度難聴まで適応
高度難聴を中心に、中等度難聴まで適応
中等度難聴と高度難聴に適応
高度難聴を中心に、重度難聴まで適応

会話をしているとき、しばし2度聞きすることがある。

会議で、発言内容ききもらす。

テレビの音が大きいと、人にいわれたことがある。

銀行や病院などで名前を呼ばれても聞きのがすことがある。


聴力測定は、手間もかかりません。気軽にご来店ください。


詳しくはこちら