まかせて安心!技術と信頼の地元補聴器専門店

八千代台補聴器センター
京成八千代台駅西口徒歩4分 047-480-7833
地図はこちら 
八千代台補聴器センター
  • HOME
  • 店舗紹介
  • 当店のこだわり
  • オススメ補聴器
  • 個人情報保護
  • 購入までの流れ
  • お問い合わせ
Now Loading...
各社注目商品など
  • お耳お元気ですか
  • 聞こえチェック!簡単な質問に答えてあなたの聞こえをチェックします。
  • 失敗しない補聴器の選び方
  • 上手な補聴器との付き合い方
  • 長持ちの秘訣・アフターケア
  • よくあるご質問
  • にっこりカルチャー教室
  • 補聴器メーカー
  • 専門スタッフが親身になってご相談承ります!!

お問い合わせ・資料請求

お電話によるお問い合わせ・047-480-7833 受付時間平日AM9:30〜PM4:00 定休日(日曜日・祝日)八千代台補聴器センター
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

安心のアフターサービス


すいません、補聴器が欲しいのですが...。

いらっしゃいませ こちらに記入お願いします。

まずは聴力測定をします。

聴力は人それぞれちがいますので難聴の度合いは変わります。

そして補聴器の種類は3タイプありますのでお値段も3万円〜あります。うーん迷っちゃいますね...。

...。ではオーダーメイドの補聴器にしたいです。それでは耳型をとりましょう。

そして一週間後、左右ピッタリの補聴器ができました。わ〜よく聞こえる!

その後のアフターケアは万全です。ご安心ください。あぁよかったこのお店で。

 

よくあるご質問

皆様からのよくあるご質問をご紹介します。

初心者の方や、現在補聴器を探している方、補聴器について知りたい方等の為、Q&Aをご用意しました。まずこちらをご覧いただいて、それでも分からない事があった場合はお気軽にお問い合せください。

また、店頭には分り易い図解入り”補聴器Q&A”や”電池の上手な使い方”などの小冊子を備えてありますので、必要な方はお越し下さい!

Q1 取り扱い補聴器の価格は?


A1

種類、器種、性能等により異なります。3万円台から40万円台まで多種多様です。八千代台補聴器センターでは、お客様のお耳と聴こえ、使用される環境、ご予算等に応じた適切な補聴器をご紹介しておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

補聴器の価格は種類、性能等により異なります

Q2 雑音が少なく会話が明瞭に聞こえる補聴器は?


デジタル補聴器は雑音抑制能力が高く、聴力や使用環境に柔軟に対応可能です

A2

デジタル補聴器は雑音抑制能力が高く、聴力や使用環境に柔軟に対応可能で従来のものよりはるかに聞きやすいものがあります。個々の聴こえの条件や補聴器の器種により、効果や制限を受ける場合もありますので無料試聴相談などご利用下さい。


Q3 失敗しない補聴器選びは?


A3

医学的処置で聞こえの回復の見込みのない場合(老人性難聴など)は、技術と信頼のある地元の補聴器専門店等へ相談し、必要な検査や説明を受け試聴をしてみましょう。

耳の聞こえと形、使用される目的と環境、身体状況やご予算等を考慮して適切な補聴器を選ぶ事が大切です。

補聴器専門店で検査を受け試聴してみましょう

Q4 補聴器との上手な付き合い方は?


A4

(1)まず補聴器の使い方や着脱法に慣れる。
電池の出し入れ、スイッチ操作、耳への補聴器や耳栓・耳型の出し入れ等に慣れる。分からない場合は早目に購入先の指導や付属の取り扱い説明書を参考に練習してみる。


(2)補聴器の特有な聴こえや感覚に慣れる。
適切に選択調整された補聴器では、通常1ヶ月前後で慣れます。(個人差があります。)


(3)少なくとも年に1〜2回は聴力の確認や補聴器の点検を!
購入先等での装用指導や補聴器の微調整、点検クリーニング等アフターケアも早めに積極的に活用しましょう!


(4)日々のお手入れが大切です。
耳あな形は出音口の耳アカの除去、耳かけ形は耳栓・耳型等、ポケット形はイヤホンコードやソケット等の接触不良のチェックや耳栓・耳型のクリーニングなどの簡単なお手入れが必要。


(5)補聴器装用の効果を上げるには、
購入先での適切な指導やアフターケア、ご家族や周囲の人の理解と協力、そして何よりご本人の装用意欲が特に大切です。補聴器には効果と限界もあることを正しく理解し補聴器の過少評価や過大評価に留意しましょう!


(6)通常、補聴器は片耳より両耳装用が効果的です。
(個人差があり、効果と限界もありますので、ご相談ください。)


 ★両耳装用の効果は、
    ・騒音(雑音)の中での聴き取りが良くなる。
    ・音源の方向や動きが分かりやすくなる。
    ・音が少し大きく聞こえる。
    ・音の聞こえの死角が少なくなる。
    ・聴こえの立体感・自然さが増す。